BLOG

HAKOMARTに参加しています

hakoma_sd

もう開催中なのですが、あらためまして。

素敵な紙の箱が並ぶ!そして買える!箱のデザイン展、HAKOMART 2015。
SHIMAUMA DESIGNも参加させていただいています。
12組のクリエイターが「暮らしのハコ」というテーマでこさえた箱、はこ、ハコ。

今年はハコメーカーのモリタ株式会社さんと
キッチンウェア・ハウスウェアの総合商社、株式会社フジイさんとの
共催ということもあり
例年よりもディスプレイがゴージャスに。華やかなハコマになっております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
箱のデザイン展 HAKOMART 2015
テーマ「暮らしのハコ」
9/26 sat. ___ 10/4 sun.
カフェ Plantation 3階 グルニエ
札幌市白石区菊水8条2丁目1-32
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

え!ステキ!っていう箱から、あら、かわいいという箱!
おーかっこいい!な箱や、すごい!な箱、
そして、ええッ?これも箱なの!?まで個性的な箱たちがお待ちしています。
お気に入りの箱が見つかりましたら
どうぞ連れて帰ってあげてくださいまし。




そして、ここからはお得意の独白で。

今回は暮らしのハコ、ということでうんうんと悩みました。
まぁ、どんなテーマでもしっかりと悩めるのですけれど。
最終的には、日々の暮らしの中でなじむように
シンプルに主張せずに行こう、と。
自然と身近においていただけるように。

グラフィックをほとんど使わない、という選択肢もあったのですが
暮らしということを考えて行くうちに出て来た3つのテーマ
・食べること
・日々のしあわせ
・考えること
から
・食べること → パン
・日々のしあわせ → キラキラ → BROOCH
・考えること → 言葉 → TODAY
という3つの作品をこさえました。

「パン」はここ数年取り組んでいる、ラインで表現したグラフィックで。
「BROOCH」は、こう見えてブローチ男子な那珂が
ささやかなキラキラを表現してみました。
「TODAY」は、白い紙に白の箔押し、という3つの箱の中で
一番グラフィックが見えにくくなっている作品です。
が、さまざまな言葉が記されています。
その言葉たちは、これまで誰かに言われたり、言ったり、伝えたられたり
勇気をもらった言葉たちです。
でも、普段はそんなに意識してもいなくて
でも、大切なときには、自然とそばにいてくれる言葉たち。
この箱を何気なく使っていただいている中で
普段は気にしていなかった言葉が必要なときに、ふと目に止まるような
そんなシチュエーションもあるかな…と想い、デザインしました。

あ、これらの箱は並べるのはもちろん
モリタさん設計により上に重ねていけるスタック機能があります。
ということで、並べたり重ねたりして使っていただきたくて
3個以上お求めの際は、写真のzine「パンタジスタ」をおつけいたします。
パンについての素朴なエッセイを綴った本です。

ディスプレイはフジイさんからお借りした
素敵な月兎印のホーローたちのおかげで
イメージ通りの空間になりました。

淡い紙に白く刻まれたグラフィック。
ぜひ、会場にお手に取ってごらんくださいませ。

パンタジスタ_sd

2015.9.28
Diary


ありがとう 500m & TABF

9月18日金曜日、3ヵ月以上に渡る展示期間を終え
500m美術館の作品「SARROBO」を撤収してきました。
撤収後、翌日の東京アートブックフェア(TABF)のためのzine作りで
徹夜のまま東京へ…。
TABFの2日間の出店を終え、札幌に戻ってきました。



500m美術館で作品をご覧いただいた皆さま、どうもありがとうございます。
反応やご感想をいただけて、とても励みになりました。
3ヵ月間以上…という長い展示期間だったので
多くの方にご覧いたくことができて
僕も作品SARROBOもしあわせでした。パワーをたくさんもらいました。

ご覧いただいた皆さま、そして展示の機会をくださった方
500m美術館のスタッフの皆さま、作品制作にご協力いただいた皆さま
一緒に展示していた皆さま、どうもありがとうございます。

この展示をきっかけに、おもしろいお話も動きそうです。
ひょっとすると、近々にご報告ができるかも!



そして、TABFでSHIMAUMA BOOKSのブースへお立ち寄りの皆さま
どうもありがとうございます。
いろいろな方にzineを手に取っていただけて
読んでいただけて、買っていただけて…とても励みになりました!
お客さんや隣近所のブースの方や、再会した方や、憧れの方や
札幌の方にもTABFで会えて!…いろいろな出会いがあって刺激的でした!
いやぁすごかったなぁTABF。

準備がバタバタで、やりたいことの半分くらいしかできませんでしたが
この反省を活かして来年も挑戦したいな、TABF!

それでも、持って行ったzineのいくつかが完売できたのは
嬉しかったなぁ。
お買い上げいただいた皆さま、ありがとうございます。

TABFのレポートは、またあらためて。



というわけで、今回は取り急ぎのお礼でした。
ありがとうございます。

2015.9.24
Diary