BLOG

愛に包まれて

ki
たべるとくらしの研究所さんの4年目の1周年記念イベント
PROVOで開催されたトーク&ライブに行ってきました。

ぼくは、たべるとくらしの研究所に
まだ行ったことがなくって
とても素敵な…いろんな想いがつまった
この周年イベントには、場違いなんじゃ…
なんて思ってたりもしたのだけれど
原田郁子さんの歌を聴きたくって
そしてずっと気になってた、たべるとくらしの研究所に
触れたくって、参加してきた。

行く前のそんな気持ちはどこへやら。
なんか胸があったかくなって
とっても素敵な時間だった。

安斎さんのとつとつとしたトークも
原田さんの優しくて力強い歌も
こどもたちのあいらしさも
VJの幻想的な美しさも。

震災からすっごいいろんなことがあったのだろうけれど
それを決して重くなく
優しく熱く語る安斎さんの言葉は
逆に激しく語られる言葉より
すっごくすんなりと、それでいてずっしりと響いて。

この日は「たいくすわり」だったのだけれど
ライブは行きたいけれど、イェーー!ってしたくない
静かーにライブを感じたい自分には
とっても良かった。
もっと増えるといいな「たいくすわりライブ」。
ALLスタンディングならぬ、ALLたいくすわり。
心の中では、めっちゃ踊ってるけどね。

すっごい言葉がいっぱいあって
ガンガンきたのだけれど
ビール飲んでて忘れちゃった。あはは。
それでも
初めての土地で新しいことをはじめる
どうなるかわからないことも
「震災がバックボーンにあるからこわくないんだよね」って言葉は
すげぇな、って。
「しょせん、自分もみんなも環境じゃん」って言葉。
あぁ、自分の小さな悩みにずぅっと捕らわれてたのがはずかしい。

生きてるだけで、どんなにしあわせなんだろ。
帰り道、地下鉄で「みをつくし料理帖」の最終巻を読んでたら急に
「あ!愛されてる!」って思った。気が付いた。
あれ?何を言ってるか、よくわからないね、これ。
でも、そう思ったの。
あ、愛されてるじゃん。なに不安に思ってんだよ。って。
急に心が軽くなって。

見上げたら大きな木が樹氷みたく光ってた。
なんか、そんな素敵なトーク&ライブだった。

何度も目の前まで行って
なぜかこわくてドアを開けられなかった
たべるとくらしの研究所。
今度はおいしいごはんを食べられそう。

ありがとう。
love

2016.4.1
Diary