BLOG

解除しました!「勝手に自主規制」

また、選挙が終わりましたね。
毎度毎度、選挙が終わる度に少しくらい気持ちになります。
選挙前までの、身の回りの空気
あ、なんか変わるかも!の期待と予感。
フタを開けると、前回よりも、あれ?な結果。

いつも選挙前にわぁわぁ言って
でも選挙がおわるとしょんぼり…
なにかものを言うのがはばかられる気がして…
まず、やっぱり投票率の低さにはがっかり。
でも、選挙後にもの申すのって、なんかね…。
自分の支持していた人の結果が振るわないから嘆いているだけ
そう見られそうで…勝手に自主規制。

これだ!これだ!
勝手に自主規制!
これが社会を閉塞的にしていくんだ。
言ったらなんかまずいかも…みたいな空気が蔓延していて
本当はそこまででもないのに
空気を読んで自主規制しちゃう。
それで、結果にきちんと向かい合えず…
自分自身も言いたいこと言えずもやもやして。
きちんと結果に反応しよう。
良かったら喜ぶ。
ダメだったら、きちんと悔しがる。くぅ〜残念。

で、ここでこうして言うからには
僕のスタンスもあきらかにしとかないと。
でもね、違う方を応援していたからって
その人が言うこと、全否定…っていうのもね
そろそろやめにしたいんですよね。
ガキじゃないんですから。
いろんな意見、考え方があって、それが普通だし
人間、いろんな面を持ってて
一人の人間さえ、多様なんだから。

僕は知事は佐藤のりゆきさんを応援していました。
原発に対してはっきりとNO!と言ってくれたから。
でも、公約は具体性に掛けているなぁと思ったのも事実。
市長は秋元さんを支持。
上田さんの後を継いでくれそうだったし
市長なのに公約の中に原発のことを言っているのも
安心できました。
まぁ原発だけで決めるのではないですが
大事なポイントです。
道議、市議は支持した方が当選しました。
若い力に期待しました。
札幌の東区です。

と、スタンスを明かしたところで
この投票率、この結果。
はっきり言うと「危機感の二極化」を感じます。
現政権には「?」なところがたくさんあって…
でも、それを支持する人がいることも
逆に違う危機感から現政権を支持する人がいるのも知っています。
でも、これだけ現政権がいろんなことして
あぁこの結果なのかぁ…というのは
少なくとも僕の感じている危機感は選挙には反映されていないなぁ
と思うのです。

原発には反対の人が多い…というデータがあるのに
原発を推進する勢力が勝つ。
もちろん、争点は原発だけではないので
それを加味したとしても…
やっぱり選挙で声を上げない
投票しない…という結果に現れているのかな、と。

僕自身なにも活動していなかったので
嘆く資格もないのかも…なのですが
この投票率を上げない限りは…
「おいおい…いいのかぁ…」という想いは消えそうもありません。
危機感を感じていない、政治に無関心、選挙に期待していない…
という人たちに伝わる…
というかその人たちの声を聞く、想いを知る
そういうことが大切なんだろうな、と思ってます。

毎度文章が長くて、結局なに言いたいの?ですが
・無用な自主規制はやめようぜ!
・結果を受け止めて反応しようぜ!
・危機感が二極化してるんじゃない?
・投票率を上げたいな!
っていう4点です。

投票率低いのって、かっこ悪いと思うんだよね。

2015.4.13
Diary