BOOKS

風ZINE 雷ZINE

2016

fuzine-raizine01

fuzine-raizine02

俵屋宗達が描いたとされる「風神雷神図」。それを約100年後に模写したしたという尾形光琳。さらに100年後、酒井抱一が尾形光琳の「風神雷神図」を模写する。その後も、その魅力的な題材は多くの絵師たちに描かれ継がれていく。琳派と呼ばれる絵師たちをつなげる一枚、現在に至るまで400年輝く「風神雷神図」。
 この絵が好きで、その描き継がれたストーリーを知って、いくつか僕も作品にしたい!とそう思っていた。それはあるパーティのDMとポスターになるのだけれど、その時描いた風神と雷神がユーモラスで、なんか動き出しそうで…そうしてこのzineができました。

 俵屋宗達の「風神雷神図」を観たときに感じる違和感。それは画面の緊迫感とは異なる、風神雷神の表情のユーモラスさ。きっと愉快な神様だったのではないかな?と思い神々の戯れを描く。作っていた自分にも意外なラストとなっていて、ある男と出会い、そしてそれが…。続きはぜひこのzineにて。

 光沢のある紙にプリントし、金の輝き、神々のおごさかさを感じていただける一冊だと思います。

風ZINE 雷ZINE
zine_B6_28P