BLOG

JAGDA北海道 ポスター展 2017

11月14日からギャラリー大通美術館で開催のポスター展に参加しています。
(写真のかっこいいフライヤーは野村ソウさんのデザイン)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
JAGDA北海道ポスター展 2017
テーマ:BODY

2017.11/14 yue.ーーー11/19 sun.
10:00 ーー 19:00[最終日17:00終了]
ギャラリー大通美術館
札幌市中央区大通西5丁目11 大五ビル1F
入場無料

[デザイントーク&パーティ]
11月16日[木]18:00ー19:30
一般 ¥1,000 / 学生 ¥500
軽食やドリンク[お酒も]ご用意しています。

主催:(社)日本グラフィックデザイナー協会 北海道ブロック
特別協賛:株式会社竹尾・株式会社Too
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JAGDA北海道 ポスター展は毎年開催されるオリジナルポスターの展覧会。この展示にSHIMAUMA DESIGNの那珂、やまだなおと両名が参加します。2人ともそれぞれに新しい表現に挑戦しました。ここでそのデザインを…お見せしたいのですが、ぜひ会場で、実物のポスターでご覧いただきたいです。

ここからは那珂の個人的な話。長いです。笑

この展示に参加するのは4回目。ただ、毎回、きちんと向き合えていなかった感覚がありました。1年目は既存の作品からポスターを作りました。2年目は新しい挑戦をしてみましたが、納得いくクォリティまで高められず。3年目の昨年は、会場のポスター、DM、図録のデザインを担当し、作品のポスターには力をまわしきれませんでした。個人的な葛藤の時期で、迷いが絵柄に前面に出てしまってました。。
そして迎えた今年。クライアントのいない久し振りな純粋な作品制作。ここ数年、クライアントとの成長が楽しくて、自分で作品を作る意欲が低下していました。でも、今は違います。自分の内面と繋がり「新しいものを生み出したい」自分の望みを見つけ、それに挑戦しました。
こうしたクライアントが自分自身の作品制作は、いつも「なにを作るか?」「なにをテーマにするか?」が実際にポスターをデザインしている時間の何倍もかかります。見つかったテーマを試行錯誤しては失敗し…そうして、ようやく1枚のポスターとして定着します。
今年1年間に見たもの、経験したもの、これまでの様々な想いがベースにあります(実際のポスターのデザインがそれを語っているかはともかく)。今年は特に3つのものからインスピレーションを受けました。

・今年、青森県立美術館で見た、成田亮さんの表現
・数年前、札幌グランビスタギャラリーで見た、永井一正さんのポスター
・先月、出張先の淡路島で出会った、ティンガティンガアートの表現

成田亮さんはウルトラQや初代ウルトラマン、ウルトラセブンの途中までウルトラマンや怪獣のデザイン、美術を担当されていた方です。美術館で買った作品集の作品が、成田さんの言葉が、制作の大きなモチベーションになりました。ありがとうございます。

永井一正さんのポスターは、見た時に衝撃が走ったのを覚えています。小さな小さなギャラリーでポスターもそんなに多くはなかったのですが、1枚1枚から圧倒的なパワーを感じました。僕もそんなパワーを持ったポスターが作りたい!と、その時に買った作品集を数年ぶりに開くと次の言葉を見つけました。長いのですが(永井さんだけに・笑)引用させていただきます。「若いデザイナーやこれからデザインを目指す人に対してのメッセージはありますか?(聞き手:永井一史さん)」という問いにたいする永井一正さんの回答です。


若いデザイナーの感覚はすごくよくなっているし、技術も向上している。一見すごくしゃれたものが多い。JAGDAの審査会でも感じるんだけど、特に小型のグラフィックやパッケージは昔とは比較にならないほどの水準に達していると思うんだよね、ところがポスターとなると、しゃれているとかきれいだとかいうだけではすまされないなにかをもっていないと表現にはなり得ないだろうという気がする。もちろん何人かは、そういうことを脱して新しい感覚だけではないものを手がけようとしているけど、多くの若いデザイナーは、感覚やしゃれっ気だけでポスターを処理してしまっている。しかもね、僕が思うには、我々の世代が培ってきた手法でそれをしているという気がするんだよ。造形とか、レイアウトや、空間のアキ、イラストレーションとか。僕たちのやってきたことを、新しい感覚で形にしているということは、大きくいえば同じことをやっているということ。そして同じことをしている限りは、どんどん衰退していくと思うんだよ。……(話は続きます…。)
“永井一正ポスター美術館(2013年3月4日発行) P574ー575より”

正直僕は、先輩デザイナーや業界の大御所、スターデザイナーに対する敬意は低い。いや、人としての敬意はあるんだけれど、先輩後輩とか、業界だけのパワーバランスとか、そういったものが苦手で避けてきていた。でも永井一正さんのポスターは圧倒的だった。そして今回たまたま読んだこの文章が(買ってから数年、文章は全く読んでませんでした。すみません。)衝撃的だった。
「ところがポスターとなると、しゃれているとかきれいだとかいうだけではすまされないなにかをもっていないと表現にはなり得ないだろうという気がする。」
「多くの若いデザイナーは、感覚やしゃれっ気だけでポスターを処理してしまっている。」
「同じことをしている限りは、どんどん衰退していくと思うんだよ。」
特にこの3つの言葉は耳が痛かった…。というより、胸が痛い。思い当たることが多すぎて、今回なにをつくるかが見えてきた時に、この言葉に出会って衝撃を受けた。「感覚やしゃれっ気だけでポスターを処理してしまっている。」ですよ。ポスターを処理…あぁ、ごめんなさい。。例年2枚づつ出すことも多かったポスターを、1枚だけで勝負してみよう!と思ったのはこの言葉たちに影響されたから。
この「永井一正ポスター美術館」という作品集。他にもすごい言葉が潜んでそうで、今度じっくり読まなければ。

そして3つ目。最大のインスピレーションを受けたのがティンガティンガと呼ばれる、アフリカはタンザニア発祥のアート。エドワード・サイディ・ティンガティンガさんが生み出したポップで鮮やかで楽しくて魅力的な絵画。もっとも魅力に感じたのは、その自由さ。そして日本とは全く違う鮮やかな色彩。出張で訪れた淡路島のホテルでちょうどティンガティンガアート展が開催されていて、でも会議の時間とまるかぶりで見られず…でもそこで初めて、ティンガティンガを知ったのでした。このインパクトと自由さを表現してみたいな、と思い制作した今回のポスター。ワクワクしながら作り、いつもとは違う配色や造形にチャレンジし、思考と偶然が重なり誕生しました。

新しいものを創造しよう!と取り組んだ結果は、けっこう僕っぽいものになったのかな、と思います。ですが、新しい表現、技法、彩色を身に付けることができました。B1タテという 1030mm × 728mm が、いつもより広く深く、そして楽しく感じた今回の制作。自分自身の作りたい!という欲求と繋がれたのが、最大の成果でした。ぜひ、ポスターをご覧いただき、感想をお聞きしたいです。

あ、ポスターのタイトルは「 なうだ んがら みちか 」。
??なタイトルですが、ポスターを見れば、すぐに謎は解けるはず。ポスター展のテーマ「BODY」を表現しました。

なうだ んがら みちか
なじち んあの みおい

保存

2017.11.9
Event


SHIMAUMA SCHOOL 第5回目


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SHIMAUMA SCHOOL 2017日程
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・12/6日 wed 19:00 ーー 22:00

※2018年の日程は近日、発表予定です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SHIMAUMA SCHOOLでは「デザイン思考」を身に付けることで
・問題点を発見する(問題の原因を見つける)能力
・その問題の解決策を考える能力
・今の状態をより良くする能力
この3つの力が身に付きます。

また「デザイン思考(技術)」を活かすために
「自分自身(マインド)」も高めていきます。

ちなみに「デザイン思考」とはなにか?ですが
SHIMAUMA DESIGNでは「デザイン」、そして「デザイン思考」を
次のように定義しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デザインとは、
関係を良くすること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デザイン思考とは、
これまでのやり方にとらわれず
人にとって本当に良いことを考える方法
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

デザインの力とは絵柄を考えたり、見栄えを良くするだけではありません。
なにかとなにか、誰かと誰か、ある空間ある場の、関係を良くする力があります。
その力を使って発想力を活かして様々な考え方ができるのが
デザイン思考です。

また、ただ能力を知識・技術で身に付けるだけではなく
共に学ぶ仲間とともに、実際に良くなっていく、ことを重視しています。
さらに、自分だけが良くなるのではなく、
自分が良くなることで、周りの仲間も、世界も同時に良くしていく…
それを実感していただこうと思います。

回数を重ねるごとに場のパワーが増してきています。
また、参加される方が、皆さん素晴らしい方ばかりで
参加者間での意見交換でさらに学びが深まっています。
ごく少人数で行なわれる、あたたかい場となっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SHIMAUMA SCHOOL
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・次回の日程
 12/6 wed
 19:00 start[ 終了は 22:00 ]

・会場
 札幌 地下鉄東豊線「元町駅」出口より徒歩30秒
 会場はSHIMAUMA DESIGNの事務所です
 詳しい住所は、お申し込み後にあらためてお伝えします

・受講料 3,240円 税込み

・毎回、10分で気持ちをリセットできるギフトを差し上げます

・参加いただいた方は、秘密のグループにご招待します。
 ここでは、お互いの目標の進捗や
 那珂からのデザイン思考の投稿を読むことができます。

・毎回ご参加いただいても
 ご都合の合う日にご参加いただいても大丈夫です。

・少人数制でアットホームに、でも中身は濃く行なっています。

お申し込み[ e-mail
プライバシーポリシー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまで、那珂が培ってきた能力を全てつぎ込んで
圧倒的なパワーが生まれる場を作っていきます。
那珂の成長とともに毎月進化していく場となります。
また、僕とともに運営をしている講師からのメッセージ
そして、場を共有していただく参加者さんのパワーによって
今後さらに強いエネルギーが生まれ始めています!

ぜひ、ご体感いただきたいです!

2017.11.9
Event