BLOG

ロールモデルに会えなくて

20代30代半ばまで、ロールモデルに会えなかった。
「●●さんのようになりたい!」
「●●さんに憧れる!」
「●●さんを目指している!」
などと聞く度に
明確な目標となる人がいることをうらやましく思ったり
でも、違和感のようなものも感じていた。

今ならわかる。
その頃の僕がロールモデルに出会えなかったのは
そういう人を知らなかったからではなくて
「自分がどうなるか」、それが決まっていなかったからだ。

独立を本気で考えはじめた35歳のとき
これからどうなりたいか、なにがやりたいのかを考えた。
その中で
「あなたがやりたいことは、今の職業の中にはないかもね。」
という言葉をもらった。
ぼくのことをよく知っている、大切な方からの言葉だった。

目の前が明るくなった。
そうか!
知らず知らずの内に
僕は、いまあるものから
やりたいことを探していたのかもしれない。
もっと、自由でよかったんだ。
気付いてしまうと当たり前のことだったのだけれど
それが、まったく見えていなかった。




独立をして数年。
仕事は充実していた。とても楽しかった。
そして、いろいろな方と出会った。
自分の成長を実感していた日々の中
ある日ある方から言われた言葉で
僕はまた大きなショックを受ける。

「結局、那珂さんはなにがやりたいの?」

即答できなかった。。
楽しく仕事したい。とか
こういう仕事がしたい、とか
こういうふうに成長したいというのは
頭に浮かんだけれど
そういうことを聞かれているんじゃない、のがわかったから。
少なくとも、僕は勝手に
「人生において、なにをやりたいの?」という質問に感じて
答えられず、言葉に詰まってしまった。

やりたいこと、いっぱいあると思っていたのに
本当にやりたいことが見えていないんだ…と気が付いた。
ショックだった。。

それまでは、自分のやりたいことを
外に求めていたように感じる。
「結局、那珂さんはなにがやりたいの?」という質問に
答えられなかった日から
自分の内面を掘り下げていく旅がはじまった。

そうして、見つけたと思っては
少し違うかも…と思い
もっとつながるものが見つかった!と思っては
いや、すこしずれているようだ…と感じて
そうして、自分とつながる工程を続けていった。

以前の、ロールモデルがいればなぁと思っていた自分よりは
はるかに自分につなっがっている。
でも、まだまだ先があるのもわかる。
もっとつながれるだろう。




それで、44歳になった今
ロールモデルがいるのかというと
やっぱりいないままだ。
でも、もうロールモデルがほしいとも思わない。
必要ではなくなってしまった。
自分のやりたいことは
自分でつくっていけばいいから。

でも、そう感じてから
全ての人がメンター…というか
全ての人から学べるんだな、とも気が付く。
もう、全員メンターじゃん!という感覚。

ロールモデル…というか
目標?かな、
それが見つからないという人がいるかもしれない。
僕のように
あるものから探そうとしてるかもしれないし
外に求めているのかもしれないし
ぜんぜん別の原因があるのかもしれない。

でも、いずれにしても
自分の内面へ…。
本当に自分がやりたいことってなんなのか?
誰かに認められるとか、お金が儲かるとか、人気者になれるとか、
そういった条件なしに
無条件でもやりたいことってなんなのか?
それを探す旅に出るのは、
旅と言っても、自分の奥へ奥へだけれど、
とても効果があると思う。

ずっとほしかったロールモデルには
結局会えていないままだ。
でも、もうロールモデルがほしくなくなっている。

自分のやりたいことは
自分の心に聞いてみる。
でてきた想いはかなえてあげる。
今はそれを大切にしている。




この文章を読んで
何か感じた方。
ぜひ、このイベントにあそびに来ませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クリエイティブトークvol.2
『 きっかけはD43 』
~那珂隆之 トークエキシビション

3/23(土)
15時ころ オープン
18時ころ クローズ

参加費 ¥1,500(学割¥750)
ドリンク、軽食つき
会場  Wall 1Fラウンジ
札幌市中央区北2条西10丁目2番地7
定員  20名
お申し込み 下記リンクよりどうぞ
主催  salon du sanco(矢野目さん・高橋さん)
*トークエキシビションは16時ころスタート予定。
*お車でお越しの方は、近隣のタイムパーキングをご利用ください。
*会場のお問い合わせは、主催まで。
*コーヒーやワインなどのお飲み物と
スコーンやキッシュなどの美味しい食べ物をご用意いたします。
持ち込みも歓迎です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お申し込みはこちらからどうぞ。
・Facebookページ
・Instagram DMから
・eメール(主催salon du sancoさんあて)
・Googleフォームから
那珂までご連絡いただいてもOKです。

お会いしてお話ししましょう。

2019.2.21
Diary


最近考えていること

種を蒔いてるなぁ。
と思っていた。

昨年末、個展をする前後くらいからそう感じていた。
いろんな種を蒔いていたと思う。
でも、それはよくあるビジネスや仕事のではなくって
もっと大きなものにつながっている感覚があった。

そして、自分自身のために蒔きはじめたのだけれど
自分のだけじゃあなくて
誰かの種であることが多いことに気が付いた。
誰かのなんだけれど、自分のでもあって
それは種というよりも
新芽にお水をあげるような感覚に近くなっていた。

たくさんの才能にあった。
もう、新芽どころか大樹じゃん!と思うこともあれば
見事な見事な超巨木であったり
この木なんの木、見たこともうない木ですからだったり
でも僕がすげぇ!…と感じて言葉を失って
なんなら、あまりのくやしさに家に帰ってから
泣いちゃうような(実話)才能の持ち主は
自分自身ではその才能に気が付いていないことが
ほとんだった。
もったいなかとです。

ある人とは一緒に種を植えたり
輝く新芽にお水をかけたり
あんたすでに大木ですやん、と言ったり。
背中を押したり、
本人以上におもしろがったり、
一緒に成長した未来を見たり、なんだりかんだり。

ふと気が付いた。
いや、知ってたんだけれど
なんだ、みんなただの天才じゃん!って。
その輝きを見れるかどうかだけだったんだなと。
そして、その天才性は
一般的にいま成功してるとか
実力があるとか、有名とかとも無縁で
もう、すでに完璧なんだって。誰もが。
そして、完璧のまま
さらに成長していけるんだって。

そう強く思ってから
あ、俺も天才だな!って思った。笑
こういうこと書くと
痛い奴と思われるのはわかってるけれど
もう、いいやって。
あ、元からこういうの、いつも書いてるか。笑
今さらか。
うん。自分もめっちゃ天才だわ、と思うようになって
ますます、周りの人も天才だなって思えるようになった。

最近「覚醒」とか「生まれ変わる」とか
平気で思っちゃえるようになった。
あ、覚醒したなと自分で思うこともあるし
目の前の人が覚醒するのを見ることもある。
そうして日々、人は生まれ変わっている。
ただ、覚醒は、一度したら終わりというものではなくて
何度でも何度でも際限なく続いていく。
日々の生まれ変わりとは別に大きな生まれ変わりもある。
これに気が付いてから
あ、俺には人を覚醒させる力があるな!
ということにも気が付いた。
実はこれも僕だけじゃあなくて
誰でもその力を持っているのだけれど
気が付いていない人が圧倒的に多い。

そして覚醒する前には
やっぱり影の部分もあって
ずーーっと光じゃなくて
影と光が混ざって、はじける?覚醒する感じ。
自分の場合は先に影が来る感覚が強くて
それを受け入れられると覚醒する感じ。

というわけで
今、未来に種を蒔いたり
新芽を見守ったり
巨木が輝きを取り戻すお手伝いをしたり
個性的な樹々が、そもままでOKなんだと思えたり
そんな活動?生き方をしている。
これって「発起人」と言えるのかもしれない。
そうか、僕は発起人か。
そうしてはじめたことが目に見えるのに
どれくらいの時間がかかるのか
まだわからない。
でも、あ、札幌変わるな…って感じてる。
これは僕一人がどうのじゃなくて
もっと大きな流れで。
そのためにまず、自分の活動している
東区元町が変わるだろうし、
その前にSHIMAUMA DESIGNが変わるだろうし
その前に、那珂自身が変わるんだろうな。

で、
いろんなことしてるものだから
一緒にこういうことやってくれる人
楽しんでくれる人
那珂やSHIMAUMA DESIGNを
サポートしてくれる人に出会いたい。
ゆるく、でも深くつながる仲間がほしい。
あ、普通にデザインの仕事してます。
でも、なにかを作るというより
お客さんと一緒に
世界観をつくる、というほうに
シフトしてきている。デザインが。

最近思っていたこと、
勢いに任せて書いてみた。
これもひとつの種かもしれない。

読んでくれてありがとう。
i love you.

2019.2.20
Diary