GRASSIC

WATER FLOAT

2016

WF
2015年11月20日より12月2日、原宿のペーターズギャラリーに開催したグループ展「ウォーターフロート」。
8組の作家のひとりとして、また、タイトルロゴやイメージビジュアル、webサイトなどデザインワークとして参加しました。

ここでは「ウォーターフロート展」に展示したSHIMAUMA DESIGNの作品を紹介いたします。


WF01

WF03
ウォーターフロート(色鉛筆、ジークレープリント)

展示タイトルに合わせた作品。
8名の作家の作風がバラバラなため、イメージを限定するタイトルを避けようと、みんなでうんうんと考えた結果生まれた「ウォーターフロート」というタイトル。意味的には「浮き輪」や「水に浮かぶもの」ですが、そのふわふわとした浮遊感のある語感に惹かれました。このビジュアルに合わせて、ふわふわと漂うぼくのこころを読んだ「詩」も制作していました(ウォーターフロート展では未発表)。いつか一冊のzineにまとめて発表したいと思っています。


UMIWATARI00

UMIWATARI03

UMIWATARI

UMIWATARI01
海渡り(特殊紙、デジタルプリント/マーカー、ジークレープリント)

三日月町という町で出会う、「もなみ」と海の中でしか生きられない海男の「彼」の物語「海渡り」。
ひとつの物語をつくり、その断片をビジュアルにしました。
物語はテキストとして水面のような加工をしてプリントしたものを展示。


PAN01

PAN02
フランスパン(色鉛筆、ジークレープリント)
パンたち(色鉛筆、ジークレープリント)

以前、GRASSICシリーズとして発表したパンのポスターを、小さなサイズに額装して展示。
直線という堅さと色鉛筆による質感で「おいしさ」が感じられるのかに挑戦。
手描きの「ノイズ」と、時折直線というルールを無視する直感や気持ちのムラという「ノイズ」を意識して制作しました。


PANTA01

PANTA02

PANTA03

PANTA04
zine「パンタジスタ」(色鉛筆、特殊紙、デジタルプリント)

パンのイラストと、パンにまつわる個人的な思い出や想いをエッセイにしてzineに。
HAKOMARTで限定プレゼント用に制作していた作品。



Y_SHIRT

TAXI

COFFEE
Yシャツ(ペン、ジークレープリント)
TAXI(ペン、ジークレープリント)
COFFE(ペン、ジークレープリント)

個展「GRASSIC」のポスター作品をミニサイズに額装。
のりの利いたワイシャツの凛とした白さ。省き簡素化してもタクシーとわかるアイデンティティ。並ぶシンプルなピクトグラム。どこか軽やかさを感じた3作品を展示しました。


STRAW

STRAW02
「ウォーターフロート展」のビジュアルなどのデザインワークとして参加。
タイトルロゴは、メロンソーダフロートなどから連想したストローをモチーフにして制作した「ストロー書体」。
中が空洞になっているパイプ感で「ウォーターフロート」の軽やかさを表現しました。
その、ストロー書体で作家の頭文字を制作し、会場装飾のプロフィールボードやバッジを制作。ケータリングでお世話になった、「豆」さんのストロー書体もあります。

ウォーターフロート [ webサイト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウォーターフロート
PATER’S Shop and Gallery
2015 11/20 fir. ___ 12/2 wed.

作家/
風間雄飛、SHIMAUMA DESIGN、jobin.、すがわらあい
Futaba.、pater、松浦シオリ、森迫暁夫
ケータリング/豆電社
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご来場、ご協力、応援いただいた皆さま。
オープニングパーティを一緒に楽しんでくれた皆さま。
ギャラリーの皆さま。どうもありがとうございます。

作家のみんな。豆さん。ありがとう。LOVE。




WEB CODING:TOMOHIRO MATSUOKA
PRINTING:SHINTOYO SCREEN
SPECIAL THANKS:NAOTO “INTY” YAMADA