BOOKS

DENKI

2014

denki01

denki02

denki03

denki04

3.11以降、原子力発電に対しての恐怖や大きな疑問が…そして、それ以前まで違和感を感じることなく生活してきた自分自身への違和感も生まれました。 原発に疑問を持つと、電気についても考えることが多くなり、今さらながら全てが電気に囲まれた生活に気付き驚きました。

たとえば、普段何気なく使っているコンセント。 あの小さな穴にはどこからかすごいエネルギーが送り込まれていて、家中がそのエネルギーで動いています。 そんなすごいエネルギーの供給源が どの家にも例外なくある…なんだか怖いな、と思いました。

そのような、これまでは当たり前すぎて気が付かなかった、電気への違和感を綴った本です。

DENKI
zine_B6_12P