WORKS

Group Lesson BRAND DESIGN

2018

Group Lessonさんは、20代から30代の女性を中心に、周りをよくすることで自分自身も一緒によくなっていく、なりたい自分になることで周りも一緒によくなる…そういった学びと実践、研究が高いエネルギーで行なわれている場です。主に東京での勉強会を中心に活動が行われています。実際に僕もこの場を体験させていただきましたが、そのエネルギーや愛のパワー、学びの深さに驚きました。多くのメンバーさんが継続して在籍し、なりたい自分になっていくことで実績を重ねたり、周りの方たちと一緒によくなっていくしあわせになっていく、ということが日常茶飯事で起きている、奇跡の場です。奇跡って本当に起こるんですよね。
 とはいえ、こうした言葉では言い表しにくい内容を、どう見える形として表現していくのか?はとても難しいテーマでもありました。

主催のOさんとお会いしたのは1月の淡路島。当時関わっていたプロジェクトの僕のプレゼンテーションを見てお声掛けいただいたのが始まりでした。Oさんから唐突に「ロゴデザインはできますか?」というお話が、Oさんの想いを聞くうちに僕の方から「ぜひ、デザインで関わらせてください!」となるまでは、わずか数分のことでした。

その後、たくさんの資料や写真や動画をいただき、実際に東京の勉強会を体験させていただきました。その際にOさんやメンバーの皆さんからのヒヤリングもさせていただき、自分自身の経験と、多くの情報と想いをインプットして札幌に戻ってきました。それらの生の情報をもとにかたちとなったのが、冒頭のふんわりとしたまあるいかたちのやさしいシンボルです。

メンバーの皆さんが目指す「なりたい自分」は
一人ひとり違うもので、形のないもの。
また、集まるメンバーや、その日のテーマにより、場の雰囲気も変わります。
そして、家庭でも仕事場でもない
サードプレイスとしてのメンバーの皆さんの大切な場であること。
だから、なにか特定のものを連想させる形は避けたいと考え
そのエッセンスと場の持つ空気感を、やわらかい形にして表現しました。

シンボルとロゴタイプができたあとは、名刺と紹介ツールのデザインです。
名刺はシンボルとおなじまあるいかたちに。
やさしく手に馴染むかたちは、メンバーさんのアイディアで淡い色を採用し
より多彩な個性が集うGroup Lessonさんらしく素敵になりました。

紹介ツールは、これまでインプットした情報を目に見えるものにしていく行程。
ご提案した文章を、Oさんとメンバーさんが一言ひとこと検証されて
一緒に磨いていった時間でした。

当初のコンセプト通り、Group Lessonさんをわかりやすく伝えつつも
この紹介ツールを使う方…媒介される方の想いがないと機能しない
そのようなツールにすることができました。

もし、札幌にGroup Lessonさんがあれば、
僕は大切な人をご紹介したい、そういう場です。
もし、東京近郊で、自分はもっとできるんじゃないか?
どうもなにかが違うんだけど…と
感じている方がいらっしゃったらぜひご連絡ください。
公開講座等…常時あるわけではないのですが、ご紹介できると思います。

Group Lesson BRAND DESIGN
DESIGN:TAKAYUKI NAKA[SHIMAUMA DESIGN]
COPYWRITING:TAKAYUKI NAKA[SHIMAUMA DESIGN]
PRINTING[CARD]:HAKUBADO INSATSU
PRINTING[LEAFLET]:INSATSU SHIKO
CLIENT:Group Lesson