WORKS

かぼちゃと塩麹のポタージュ

2018


原材料は北海道産のかぼちゃと塩麹のみ。
それだけで作られた無添加のポタージュ。
パッケージデザインの依頼をいただき、そうお聞きした時に
「とてもシンプルでいいな」と思いました。
パッケージも無駄なく、シンプルなデザインを心掛けよう
とすぐに決めました。

初回のデザインのご提案で数種類の案をご提示しました。
一緒に商品ネーミングも飾らずストレートにシンプルなものをご提案。
そして採用されたのが、このパッケージ「コウジくん」案とこの商品名でした。

実はこのデザイン、数年前からあたためていて(スープだけに)
いつか、かぼちゃのお話をいただいたときにつかいたい!と秘かに思っていたもの。
素敵なイラストは池田蔵人(いけだくらんど)さんに描いていただいたものです。

はじめは名前が無かったこの青年ですが
かぼちゃを持っているコウジくん、とすると
これもシンプルでストレートでいいな…とぼんやり考えていて
お客さんへのご提案時に
「コウジくん案」と口頭でお伝えしていたのが
お客さんにも気に入っていただき
裏面にもコウジくんを登場させてほしいとなり
いつの間にか、コウジくんの名前が浸透。
せっかくだからパッケージにも記載しよう!と
正式にコウジくんという名前となりました。

表面は極力シンプルに。
商品名とイラスト(かぼちゃとコウジくん)のみ。
商品の本質である
「かぼちゃと塩麹のみ」というところを
商品名でも絵柄でも表現したパッケージです。




パッケージデザインをする際、いつも心掛けていることがあります。
それは裏面を丁寧に美しくつくること。
表面は商品の顔なので、もちろん美しくあるべきですが
それ以上に裏面は細心の注意をはらい制作します。

表示に関する法律もあり、文字の大きさの制限や
JANコード(バーコード)や賞味期限を印字するスペースなどの
制約も多くありますが
その中で、機能的(情報をしっかりと伝えながら)でありながらも
美しく仕上げていきます。

棚に並んでいる時には見えない裏面を
美しく作るからこそ、商品に品格が備わります。

商品をひとりの人間ととらえると
パッケージの表面が顔や外見であり
裏面は立ち振る舞いや所作のようなもの。
それが人格である、商品そのものと組み合わさり
(今回の場合はポタージュスープ)
ひとりの人間(商品)となる。
そのような思いを込めてデザインをしています。




有限会社キョクトーさんの商品です。
旭川近郊の道の駅や、北海道外ではフェア等でお求めいただけます。
お見かけしたら、ぜひコウジくんをお求めください。
かぼちゃと塩麹のシンプルでやさしいスープ。
かぼちゃ本来の旨味がたっぷりとつまっています。

KABOCHA TO SHIOKOUJI NO POTAGE PACKAGE
DIRECTION:TAKAYUKI NAKA by SHIMAUMA DESIGN
DESIGN:TAKAYUKI NAKA
NAMING:TAKAYUKI NAKA
IKKUSTRATION:KURANDO IKEDA
AGENCY:HOKKAIDO NEWPACK
CLIENT:KYOKUTO